シグナル[ 求人広告代理店業 ]シグナル東京[ 求人広告代理店業 ]
シグナルエージェント [ 人材紹介業 ]アド・リード</dt><dd>[ 販売促進業 ]

株式会社シグナル東京

株式会社シグナル東京は「人と企業のベストマッチ」がテーマのリクルート専属代理店です
各種お問い合わせは
お問合せフォーム Inquiry Form Menu
トップページ > マーケットレポート

Dr.Qのマーケット レポート
景気の上昇による転職希望者の増加に関して

様々なメディアで景気回復が報道されていますが、実際の経済指標でも回復を裏付ける数値が出ております。例えば実質GDP。2013年4~6月期は前期比0.6%増で、3四半期連続での前期比プラスとなっています。


ただ全ての業界がプラスになっているかと言えばそうではなく、
・緊急経済対策の着工、進捗に伴う公共投資の押し上げ
・アメリカでの経済成長や円安を背景とする輸出環境の改善
・消費税率引き上げを控えた住宅投資などの駆け込み需要


などの経済政策/効果が引っ張る形で、「ゼネコン」「建築/不動産」などが大きく業績を回復させています。


このように景気が上向くと、転職者の動きも活発になります。「景気がいいから今が転職時だ」「今ならたくさんの求人があるだろ」という風に世の中の空気に引っ張られる形で転職希望者も増えていきます。


具体的な数値としては、総務省が管理している労働力調査の「転職希望者推移」が非常に参考になります。
(転職希望者推移…1か月ごとに集計をとっている、転職を希望されている方の数)


2011年と2012年の年間平均(月ベース)は、2011年が586万人、2012年が623万人となっていましたが、今年に入って数値が大きく上昇しております。2013年1~3月期は809万人、2013年4~6月期は789万人と、景気回復と期を一にするように転職希望者が増えています。


「転職するなら今」。そんな気持ちが転職者の心を覆っているようです。


ページTOP